メガバンクから投資銀行への裏ルート 第4話 ~投資銀行へアクセルON

「豪さん、一緒に踊りたい。」

彼女の名前は、愛美(マナミ)。

名古屋一のお嬢様大学として有名な金城学院大学の出身。
実家は有名な鰻屋を経営し、いわば名古屋を代表するお金持ちの娘だ。

「シャンパン一気して、あっち行こう。」

愛美(マナミ)は、豪(ゴウ)の手を握り、ダンスフロアに向かった。

気付けば、東大卒のエリート、鷲尾(ワシオ)の姿が見当たらない。

帰ったのか?と、出入口付近を見渡すと、先ほど一緒にいた女性と抱き合うように支えあい、出口に向かって歩いていた。相手の女性は、そうとう酔っている様子。

行く先は、彼の部屋だろうか。

「あいつ・・・」

しかし、邪魔者は消えたということだ。

俺の隣には、モデルクラスのルックスを持つ美女、愛美(マナミ)がいる。
鷲尾(ワシオ)のことなど、どうでもいい。

今夜は、とことん愛美(マナミ)との時間を楽しもう。

メガバンクから投資銀行への裏ルート 第4話 ~投資銀行へアクセルON

踊る、愛美(マナミ)。

動きはゆったりとし、とろんとした目からも、シャンパンの酔いが心地良く回ってきている様子が伝わる。

DJの奏でるミュージックに合わせ、リズムを刻む2人。
もはや言葉は必要なく、ボディランゲージからお互いの意思は伝わっている。

そして、閉店間近なったダンスフロアに、さらなる高まりを感じさせるテンポで音楽が流れ始めた。

気付けば、周囲の男女も良い感じの雰囲気だ。

酒に強いことで評判の豪(ゴウ)だが、酒以上に愛美(マナミ)に酔っている。

そんな豪(ゴウ)の耳元で、愛美(マナミ)はささやいた。

「豪さん、そろそろ私ゆっくり眠れるところにいきたい。どこか良いところに連れてって?」

名古屋モード、もはやブレーキをかける必要もない

豪(ゴウ)は、クラブから徒歩圏内のデザイナーズマンションに住んでいる。

栄付近の主要駅から徒歩5分以内、家賃は6万前後だが、東京都内では15万はするであろう立派な物件だ。

そんな豪(ゴウ)の部屋へ誇らしげに入る愛美(マナミ)。

若くしてこの物件に住める豪(ゴウ)をますます気に入っている様子が伺える。

踊り疲れた様子で、彼女はすぐに豪(ゴウ)のベッドに横になった。

「豪(ゴウ)、きて。」

そして、気づけば2人は朝を迎えていた。

好循環サイクルの始まり

愛美(マナミ)は、豪(ゴウ)と携帯を交換し、満足した様子で家を出ていった。

「また来るね。」

いったい何があったんだろう。
豪(ゴウ)は昨日からの記憶を思い出そうとした。

一次会の合コンでは、好調とは言えない展開だった記憶がある。

しかし、三崎(ミサキ)と合流してから、名古屋モードのスイッチが入り、そこから一気に展開が加速した。
親父の言っていた「スキルよりもスタンス」とは、このことなのか。

寝ぼけながら入れたコーヒーが、いつになくうまい。

まるで法人営業で契約を決めた時のようにONした快感が、豪(ゴウ)の中に残っている。

そんな時、豪(ゴウ)の携帯に1通のLINEが届いた。

「今日、フットサルの試合だけど、来れるって認識で問題なかったか?名古屋に異動したと聞いたけど・・・」

親父譲りのタフネス&バイタリティ

学生時代からタフネスマンとして有名な豪(ゴウ)。

フットサルチームでは、キャプテンを務めており、前日にどれだけ飲んでも、どれだけ寝ていなくても、フットサルは全参加するというのが彼のポリシーであった。

しかし、彼はいま名古屋にいる。
しかも、前夜は朝までシャンパンボトルを飲み、2-3時間しか寝ていない。

「少年時代、親父はどんなに寝ていなくても、疲れていても、元気そうな姿で俺と遊んでくれた。」

そう振り返ると、彼はすぐさまタクシーを捕まえ、名古屋駅から新幹線で東京に向かった。

「フットサル?ああ、もちろん参加するよ。名古屋だから参加できない?は愚問だから。」

たとえ、どれだけコンディションが悪かろうと、仲間が呼べば、駆け付ける。
ここが豪(ゴウ)の人並外れて力強く、頼もしいところだ。

仕事もプライベートもONの連続

「ゴール!」

ここでも、華麗にゴールポストへONする豪(ゴウ)。

絶好調だ。

試合を気持ちよく終え、打ち上げの飲み会が始まった。

「豪(ゴウ)、名古屋にいるのに、よく参加できたな。おまけにゴールまで決めて、見事だったよ。」

余韻に浸る豪(ゴウ)。

そして、気が付けば1通のLINEが届いていた。

愛美(マナミ)だろうか?

LINEを見ると、トヨタの三崎(ミサキ)だった。

「昨日はお疲れ。見事に持ち帰ったらしいな。ちなみに、今日も行くか?」

誘われれば、NOとは言わない男、豪(ゴウ)。

せっかく東京に来たのに、今から名古屋に戻れというのか?

「いったい俺は、どこへ向かっているのか・・・」

投資銀行への切符

「カンパーイ!!」

気付けば名古屋へ戻り、連日クラブにいる豪(ゴウ)。

このタフネスさは、どこからくるのか。

そんな生活が、今週だけでなく、来週も、再来週も、その翌週もと続いていった。

普通の男なら体を壊すであろう。
007のジェームズボンドもビックリだ。

毎週、月曜の朝には、

「豪(ゴウ)さん、週初めはいつもテンションが高いけど、いったい週末何してるんだい?」

と呼ばれるほど、名古屋で最も勢いのある男として話題になっていった。

仕事、合コン、クラブ、フットサル、仕事・・・

名古屋モードのアクセルON、ON、ON。
好循環サイクルは止まらない。

覇気を持った豪(ゴウ)の姿は、次第に営業成績にも及び、周囲の評価も上がっていった。

そんな豪(ゴウ)の名古屋生活も、気づけば1年が経とうとした頃、行内での公募案件が回ってきた。

「○○証券、投資銀行部門への派遣、採用予定者〇〇名。」

次へ



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です